作業員

コミックの買取と査定基準

読書

捨てるなら売ってみる

年末に大掃除をすると、部屋のあちこちから不要な物が出てくることがあります。それぞれの物に思い入れがあって、なかなか捨て切れない人も多いのですが、物は日を追うことに増えていくのが常で、部屋のスペースを確保するために、処分を決断することも必要です。増えていく物の代表格は書籍、特に漫画本(コミック本)です。近年、電子書籍の普及もあって、書籍の売り上げは全般的に落ち込んでいますが、漫画に関しては好調に推移しています。特に人気のある作品はもちろん、第1巻から通算して100巻を超える息の長い作品については長く親しまれるため、コレクターには保管の際に悩みの種ともなります。これらの漫画本を処分する場合、捨てるよりは、漫画買取を行なう書店に買い取ってもらうことで、思いがけない臨時収入を得られることもあります。

買取の査定基準

漫画買取における査定には、漫画の状態や種類などの基準があります。まず、日焼け、シミ、汚れなどがあると査定が低くなります。それらが著しくひどかったり、落丁があったり、破れていると買取さえ拒否されることもあります。次に、他の書籍と比べて、漫画本の場合、長く愛される傾向があるので、発行日が古い作品でも買取の許容範囲が広くなります。しかし、極端に古くて無名な作品では買取を拒否されることもあります。また、人気があってベストセラーとなった作品の査定額が高くなるとは限りません。これらの作品は圧倒的な部数が売れたため、売りにくる人も多く、店舗側でも在庫が余剰となっている可能性があるためです。そして、漫画買取を行なう書店は大きく2つに分類できます。1つは、書籍1冊毎にプレミアムを考慮する店舗としない店舗です。例えば、前者の店舗では完全版(第1巻から最終巻まで)を重視して、査定額が上乗せされる場合があります。一方、後者の店舗では事務的に買取冊数に単価が乗算されるだけです。1円でも高く売りたいなら、複数の漫画買取店舗に持ち込んでみて、査定額が安ければ、売るのをやめることもできます。